《品番》
RA317-1Z

《商品名》
ベンチクッション

《シリーズ》
REAL

《張地》
ランクA/ランクB

《サイズ》
幅41cm × 奥行き32cm × 高さ5cm

《材質》
ファブリック

《ブランド》
NAGANO INTERIOR(ナガノインテリア)

《特記事項》
納期が気になる方は事前にお問い合わせください。
商品画像には商品と異なるサイズ、カラー、仕上げのタイプを使用している場合があります。

商品説明

  • HOME
  • おしゃれ NAGANO ベンチクッション 家具、インテリア ナガノインテリア RA317-1Z :NGN-INT-518:カグラス NAGANO INTERIOR ベンチクッション オンラインショップ 張地ランクA·B-椅子用クッション、パッド

  • COMPANY 伊豆の玄関口、静岡県函南町で無垢材の国産家具を中心にセレクトしている「KAGRAS(カグラス)」。ナガノインテリア,ベンチクッション「の取扱いページ。:ngn-int-518:ナガノインテリア,ベンチクッション,張地ランクA·B,RA317-1Z,おしゃれ,NAGANO,INTERIOR,家具、インテリア,クッション、座布団,椅子用クッション、パッド
  • BUSINESS
  • BLOG
  • CONTACT
  • menu
    RAEN OFFICIAL BLOG
    Tweet
  • +1
  • Hatena
  • おしゃれ NAGANO ベンチクッション 家具、インテリア ナガノインテリア RA317-1Z :NGN-INT-518:カグラス NAGANO INTERIOR ベンチクッション オンラインショップ 張地ランクA·B-椅子用クッション、パッド

    おしゃれ NAGANO ベンチクッション 家具、インテリア ナガノインテリア RA317-1Z :NGN-INT-518:カグラス NAGANO INTERIOR ベンチクッション オンラインショップ 張地ランクA·B-椅子用クッション、パッド Pocket
  • RSS
  • feedly
  • Pin it
  • あらゆる情報をインターネットから得られる今、企業・団体等の情報発信ツールとしてホームページ(WEBサイト)の在り方が、ますます重要視されています。その様な理由から、お客様との架け橋となる ホームページ制作 にこだわりを持つ企業・団体が増えています。

    ホームページの情報が判断要素となる現代

    当たり前となったインターネット。様々なシーンで私たちはPC、スマートフォンからインターネットにアクセスし情報を検索、確認しています。そのためインターネットの情報が物事を判断する、重要な要素となっている事はもはや間違いない事実です。

    今だにテレビメディアによる情報源は、強力な情報発信として私たちの生活に定着していますが、信頼できる情報源にはテレビに次いで「企業・団体のオフィシャルホームページ、宣伝サイト」が上げられます。つまり、ホームページの情報がお客様の信頼度を高める要素といえるのです。

    小・中小規模の企業の場合、テレビでの情報提示は予算的に考えて容易ではないため、ホームページでいかに企業自体の情報や商品・サービスの情報を分かりやすく伝えていくのかが、集客アップや顧客獲得、売上向上へと繋がります。

    情報拡散と共有のツールとなるホームページとSNS

    有益な情報は人から人へと伝えられ、人気が急上昇する事が多々あります。特に、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に代表される「Twitter、Instagram」などは、簡単に関心のあるターゲットへ働きかけができるので、情報拡散、情報共有に繋がりやすいというメリットがあります。

    そのような効果が得られるSNSですが、それらが発信すべき情報の信ぴょう性を確保する為にも、企業の情報発信を正確に行うホームページの存在が必要なのです。ホームページに掲載されている情報であれば、信頼は確保され、紹介したいと思った時にSNSと連携するとより強力に情報が伝達できるため、認知、認識の数も増えます。もちろん、ホームページ自体にもSEO(検索エンジン最適化)を行い、検索されやすいサイト作りは必須です。

    デザインの重要性

    情報提供としての、ホームページの重要性は理解できました。それでは、一度制作したホームページはそのままにしてても問題ないでしょうか?答えは、NOです。例えば車・・・。機能もですが、車のデザインはやはり流行がありますね。10年以上乗っていると古さを感じてしまう印象はないでしょうか? つまりデザインにはトレンド(流行)があるのです。そのトレンドから外れたデザインはお客様にどう思われるでしょうか?決して良い印象は得られないでしょう。

    それでは、機能面ではどうでしょうか?車の場合だと、燃費や安全性能に差がつくポイントがありますが、ホームページの場合は、PCの画面の大きさやPCの処理速度の向上、PCから見る場合より、スマートフォンから見る頻度など変化しつづけています。この様に機能含めたデザインを定期的に一新する必要があるのです。
    株式会社ラエン オフィシャルWEBサイト